三回忌

実父が亡くなり、もうすぐ3回忌を迎えようとしています。
時の立つのは、早く、まるで昨日の事のように感じます。

父が亡くなり、はじめて分かったのは、私は父に守られていたことでした。

今、私は事情があり、人生最大の局面に立たされています。

もし、父が今も生きていたら、父は迷わず、帰って来い。と言ってくれて、肩の荷を下ろすことができたでしょう。

でも、今は亡くなってしまったので、そうは、言ってもらえないことを
寂しく思います。

生前に、介護の手伝いや補助をし、私なりには、父に精一杯のことをしたつもりでは、いました、しかし昭和の男は、威張っていたので、

病気になるまでは、父のことはあまり好きでは無かった

今になり、父が私のことを守っていてくれたことを実感しています。

順番とは言え親のありがたみを、今になって感じています。

あの世で、見守ってくれているのか?わかりませんが

父は偉大でした。喪服を着る重みを感じます。

コメント


認証コード7519

コメントは管理者の承認後に表示されます。