お盆

今年は、新盆となる我が家
実家のお墓を掃除したいと甥が帰郷しました。
まだ、大学生ですが忙しくお墓を見たことがないので
新盆の前にしか帰郷することができないので
せめて、お墓の掃除だけでもとの心配りです。

思っていた以上に雑草が墓前に茂っており、年老いた母は
孫の手伝いに助かったと安堵していました。

その後、管理人の子供も実家に来て仏壇に手を合わせました。

母は毎朝、仏壇のご飯やお茶を供え、庭に咲く花を飾り、
家族が皆元気で過ごせますようにと仏壇にてを合わせます。

それを毎日、それは祖母もそおようにしていました。
子供の頃お盆に遊びいった時に、誰よりも早く起きて
朝食の準備をして、仏壇に手を合わせていました。

生きている時にいざこざがあり、訳あって親戚の家にいくことが出来ないでいるので非常に残念というか、本当に寂しい気持ちにもなります。

今私達が生きているのは先祖があってのことなので
攻めても手を合わせたいと、墓参りには行ってきましたが、

もう一軒行けていない所があり、残念で心の中で手をあわせましたが
これで、本当に良いのか?

母をみていると、毎朝手を合わせ感謝の言葉を口にし
この様な事が実は本当に大切なことではないかと
思わずにはいいられません。

お盆で先祖を供養する気持ちはやはり大切ですね

コメント


認証コード1276

コメントは管理者の承認後に表示されます。