夏場の葬儀の服装は無理をしない

夏場の葬儀で大変なのは、暑さです。


オールシーズン対応の喪服の場合、サウナ状態で体調を悪くする方もいますが、これは「きちんと喪服を着用しないとマナー違反」の常識からかもしれません。


葬儀中に体調を悪くしたり、倒れてしまっては遺族側に迷惑をかけることになり、返ってマナー違反になってしまいます。


「肌を見せない」のがマナーとも言われますが、夏場は無理をして長袖のジャケットやシャッを着用しなくても良いでしよう。

夏の時期専用の喪服は清涼感や消臭や抗菌の素材で夏場の暑さの負担が軽減される工夫がされています。夏専用の喪服を着用するのも一つの方法です。


持っている喪服の場合アンサンブルならジャケットは着用しない、日傘等の小物等を使う工夫すると良いでしよう。

コメント


認証コード9170

コメントは管理者の承認後に表示されます。